個性派も増えています

結婚式と言えば純白のウェディングドレスに身を包み、バージンロードを歩いて夫となる人の元へ、というイメージが強いものです。
これはキリスト系の挙式スタイルなので日本本来のものではありませんが、絵になると言うことでとても人気が有ります。
一方日本的な結婚式と言えば神社で行う神前結婚式です。
一時期人気が下がりましたが、ここ数年かなりの勢いで人気が復活してきています。
人気が下がった理由の一つに挙式に参列できるのは親族のみという縛りがあるから、というものがあります。
多くの神社では今でもそうですが、親族以外でも参列可能、ホテルのチャペル並みに100人くらい収容できる神社も増えてきました。
中にはウェディングドレスで挙式できる神社もあります。
また新婦の和装と言えば白無垢か色内掛けが基本ですが、それにも変化が表れています。
文金高島田ではなくモダンなヘアスタイルを合わせたり、着物をリフォームしたドレスにしたりと和風ながらも自由な花嫁衣装が大人気です。

神社で挙式をするということ
個性派も増えています
日本の伝統的な神前結婚式
神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います