神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います

神前結婚式は神社などで盛大に行われるようになっていますが、巫女さんか係員の方が入場の合図を取りますのでそれに従って入場するようにします。
先頭は新郎新婦で次に媒酌人夫妻で次に父と母になり最後は親族関係者になっています。
左右に分かれて新婦側と新郎側になっていますので注意が必要になります。
全員が揃った時点で起立をして拝礼をしますがその後に神職さんがお祓いの唄えながら新郎新婦側に身を清める儀式が終了した時点で着席するようになります。
もう一度全員起立をして神職さんが神棚に向かいお礼をしますがその際は全員で同じ行為をしてから着席します。
再び全員起立をして神職が神に向かい結婚の報告などをしてから結婚を祝う祝詞を読み上げてから神職が着席してから全員着席するようにします。
最後には三三九度の儀式を行い巫女さんが新郎新婦にお酒を少し注いでから少し口ですすすぎながら行うと終了するようになっていますが、お酒が苦手な場合は形だけでも良いです。

神社で挙式をするということ
個性派も増えています
日本の伝統的な神前結婚式
神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います