最近の神前結婚式について

日本の伝統的な結婚式のスタイルと言えば、やはり神前結婚式でしょう。
伝統的とは言え、一時期は教会式の結婚式に押されてかなり減少しました。
しかし、ここ最近再び神前結婚式に注目が集まっています。
せっかく結婚式をするのなら、日本の伝統的なスタイルで挙げたいと言う若者が増えているのです。
そう言うこともあって、ホテルや専門式場の仮神殿で行うよりも、本格的に神社で行うことが主流になってきました。
昔に戻ったと言っていいでしょう。
しかし、衣装は昔とは違います。
昔は白無垢で式を挙げ、色打ち掛けで披露宴に臨むのが常識とされていました。
しかし、最近は色打ち掛けで式を挙げる人も多くなっています。
さらに、黒引き振り袖の人気も高まってきました。
中には、和服ではなくウェディングドレスで神前結婚式をする花嫁もいます。
衣装に関しては、昔とは違って個性を盛り込むことが多いです。
これからは、このスタイルが主流になるかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

神社で挙式をするということ

海外のジャパンブームや国内の和ブームから、神社で挙げる神前結婚式が流行しています。
世界遺産に

個性派も増えています

結婚式と言えば純白のウェディングドレスに身を包み、バージンロードを歩いて夫となる人の元へ、というイメ

日本の伝統的な神前結婚式

神前結婚式をご存知ですか。
結婚式には様々は様式がありますが、神前式は神社などで行われる結婚式

神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います

神前結婚式は神社などで盛大に行われるようになっていますが、巫女さんか係員の方が入場の合図を取りますの

サイトコンテンツ

神社で挙式をするということ
個性派も増えています
日本の伝統的な神前結婚式
神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います