日本の伝統的な神前結婚式

神前結婚式をご存知ですか。
結婚式には様々は様式がありますが、神前式は神社などで行われる結婚式で、和装で行われる日本の伝統的な結婚式です。
わざわざ神社に行くのは面倒だと感じる方もいらっしゃると思いますが、式場やホテルでも行うことができます。
和装は、古くさい、似合わないと敬遠する方もいらっしゃいますが、着物姿で結婚式ができるのは日本人の特権です。
神前結婚式は明治時代の大正天皇のご成婚が最初だと言われています。
一般に広まったのは第二次世界大戦以降です。
神前式は親族しか出席できないと思われがちですが、スペースが40人ほどの収容スペースの式場が多いため、必然的に親族が優先となりますが、スペースがあれば、友人が出席しても大丈夫です。
神社で行われる本格的なものならば親族だけでなく、参列者も一緒に見ることができます。
神前結婚式は、新郎新婦だけでなく、両家の親族のつながりも深めてくれます。
ぜひ取り入れましょう。

神社で挙式をするということ
個性派も増えています
日本の伝統的な神前結婚式
神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います