神社で挙式をするということ

海外のジャパンブームや国内の和ブームから、神社で挙げる神前結婚式が流行しています。
世界遺産に登録されている京都の某神社では挙式件数が昨年の1.5倍という所もあります。
そんな神前結婚式のメリットは日本古来から伝わる伝統的な結婚式なので、格式高い凛とした雰囲気になります。
ホテルなどでも可能ですが、神社で行うのとはやはり空気が違います。
またゲスト受けもバッチリです。
親や祖父母などの世代のゲストはもちろん、若い世代のゲストにも「普段入れない神社の中に入れて新鮮」などの理由で概ね好評です。
有名な神社などで行うと少し気恥ずかしいですが、花嫁行列の際に一般の参拝客や観光客から「おめでとう」と言ってもらえることもあります。
注目を集める事は間違いありません。
また神社と言うと、どうしても堅苦しいイメージがありますが、最近では神社の結婚式に対する考え方も柔軟になってきていて色々アレンジを加える事も可能です。
そのためオリジナリティにあふれた神前結婚式も行えます。

神社で挙式をするということ
個性派も増えています
日本の伝統的な神前結婚式
神前結婚式は巫女さんと神職さんの元で行います